マンション投資で安定収益|立地条件も考えて選びましょう

知っておきたい投資情報

集合住宅

マンション投資で大切な要素はふたつ、物件選びと資金計画です。物件選びはこれまで、家賃利回り重視だったものです。けれども地価の上昇が顕著なために、短期売却を前提とした購入も増えています。その場合には家賃利回りよりも資産価値の高い立地が必要となります。また、資金計画においては余裕を持った計算が必要です。マンション投資につきものなのは空き部屋リスクです。どれほど好立地となる物件であっても考慮が必要になります。そのために、最初のローン返済計画では家賃収入を少なめに設定しておくことが大事です。そして毎月の家賃収入からいざという時のための予算を積み立てておくことがコツとなります。部屋の修繕費なども必要です。

マンション投資で資金面でのリスクを避ける工夫としては、家賃保証を利用する手段があります。賃借人がたとえつかないとしても、必ず収入を得られるサービスです。周辺相場よりも安い金額であることを考慮して利用すれば、安心してマンション投資を行えることになります。また、物件選びで今後必要となるのは保有の仕方です。長期保有であれば、新築マンションは家賃利回りが低下しているので好条件となるものは探しにくくなります。そこで中古マンションを検討すると利回りの高い物件を探すことができます。金額が安い割に家賃はそれほど下がらないので、利回りが高くなるわけです。短期売却をするならば、新築で資産価値の高い立地で探すのがベストです。