マンション投資で安定収益|立地条件も考えて選びましょう

政策をふまえた不動産投資

内観

都市部のタワーマンション

マンション投資では郊外の物件よりも、都市部の物件を選んだ方が投資の安全性が高くなっています。日本では都市と地方の格差は広がる傾向にあるため、都市部の物件でないと価値が上がらない可能性があるからです。都市部のマンションでも今後は選別がされていくことが考えられます。今まではタワーマンションであれば、マンション投資に向く物件だと言えました。しかし、政府では相続対策としてのタワーマンション投資を規制する動きが出ています。そのため、これからは相続税対策としてのタワーマンションの購入は、減っていくことが予測されます。今後のタワーマンションにおいては、実需によって価値が変動していく可能性が高くなってきます。したがって、入居が望めるようなタワーマンションだけに投資をしたいです。

マイナス金利の影響

今年になって日本では初めてマイナス金利の導入がありました。マイナス金利となると、金融機関は積極的に不動産向けの貸し出しを増やすことが予測されます。そうなってくると、今後は不動産価格が堅調に推移することも期待できます。したがって、現在はマンション投資をするには良い時期になってきているとも言えます。今後はマイナス金利の幅をさらに拡大してくることも考えられるため、不動産市場にはプラスの作用をもたらすことが期待されます。今のマイナス金利の政策においては、将来はインフレという形で反動をもたらす可能性が存在します。将来、インフレになってくると不動産価格は高騰をすることになるため、長期的にもマンション投資は有利になると考えます。