マンション投資で安定収益|立地条件も考えて選びましょう

マンションの投資

貯金箱とお金

マンションの投資の注意点

マンション投資を行うにあたり、注意しておきたいのは返済計画です。常に賃借人がついている前提で計算してしまうと、空き部屋となった時に負担が増加することになります。その分を考慮して、家賃設定を低めに計算することは大切なことです。また、マンション投資には維持費も必要となってくるので考慮する必要があります。毎月入る家賃をそのままローン返済に充ててしまうと、いざという時の予算が無くなってしまいます。室内の補修や設備の修理、交換など何かと費用は必要となるものです。あるいは空き部屋となった時のための返済に充てる予算として確保することが必要です。リスク回避のために、余裕のある資金計画を立てておくことが大事というわけです。

今後の動向予測に関して

マンション投資で今後の動向として予測されることは、地価の上昇に伴ったマンション金額の上昇を見込むことです。そのために短期での売却を見込むマンション投資が増えることが考えられます。住宅ローンの金利も低く、長期ローンを組めば毎月の返済はかなり抑えることができます。そこで資金面での負担を減らす形で、キャピタルゲインを求める動きが増えるということです。ただし、求める条件で売却できるかどうかは予測できないものです。場合によれば計画通りに売却できず、ローン返済の負担が増すことも考えられます。そのために正しい知識を得るためのセミナーも増えています。短期売却のための資金計画の立て方についても、多くのレクチャーがされると考えられています。